アトピー性皮膚炎 アトピー治療の最前線 芝皮フ科クリニック (皮膚科・形成外科) 東京都 港区 芝

イボ・ウオノメ(皮膚科/形成外科)

イボ・ウオノメ

ウオノメやタコは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
タコは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みません。
ウオノメは肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなり、芯をもっているため、歩くたびに刺激されて痛みがあります。

また、足の裏によくできるのが足底疣贅(そくていゆうぜい)-イボです。
これをウオノメと勘違いすることがあります。
このタイプのイボはウィルス性の腫瘍です。知らずに削って広がることもあります。
この区別をきちんとするためにも、皮膚科の受診をおすすめします。

治りづらいイボ・ウオノメ

イボやウオノメはまず皮膚科で治療しますが、なかなか治らない抵抗性のイボや芯のとれないウオノメに外科的治療を行うことがあります。

そのような場合は、炭酸ガスレーザーで削ったりメスで切除し縫い縮めることで、きれいに除去可能で傷口もほとんど目立ちません。豊富な実績がありますので、お気軽にご相談ください。